宙也Official Website

CHU-YA OFFICIAL WEBSITE

アレルギー

【ART CORE PUNK 宣言】

20世紀末、1980年代という特異な時代に生まれ、3年余りで解体したアレルギー。
その後、この世を去った分子もいたため暫し封印されていたが、新たなる血と遺伝子を纏い、過去に生きた証と未来への軌跡を繋いだ。世紀を越え、時空を超えた魂を呼び覚ますアートコアパンク宣言。アレルギー、ここに蘇生。
宙也(2014.9.4)


アレルギー『蘇生-Anabiosis-』


2014年10月22日発売
TECH-3041 / 定価:¥2,857+税
ブックレット:宙也インタビュー掲載 [椎名宗之(Rooftop)]
Manufactured and Distributed by TEICHIKU ENTERTAINMENT,INC.,Japan

  1. 不知火
  2. Eos ~暁の女神
  3. Automata
  4. Double Think ~二重思考
  5. 不安なアタマ
  6. J.B.の夢
  7. 行方不明
  8. Tokyoフラストレーション
  9. 笑う土
  10. Doll Or Man
  11. El Dorado 2012
  12. メシ喰うな! (Bonus track)

宙也:Vocal
内藤幸也:Guitar
中西智子:Bass
荒木康弘:Drums


アレルギーという物語はまた再びここから始まる。今鳴らすべき音として。

勝井祐二(ROVO)

艶めかしい表現の塊、底無しの闇と希望。
此れはノスタルジーではなく2014年のリアル。
正に蘇生するidentityなんだと思います。

清春

あの時、僕はこの音にやられた。今、やっぱりこの音にやられてる。
アレルギー再び。

上田剛士 (AA=)

人には聴くだけでその時代に引き戻される曲があると思うが、
このアレルギーは懐かしさと同時に今も感じさせるサウンドだった。
宙也さんは郷愁でアレルギーを復活させたわけじゃないと云うことが良く分かった。良いアルバム。

ヤマジカズヒデ(dip)

オレが上京(30数年前)して最初に見たバンドがアレルギー!ハコは旧新宿ロフト!驚いた!音がイイ!上手い!なんかエロい!東京って凄~い!と鼻息を荒くさせながら家路に着いたのを思い出すダス~。

KENZI

宙也くんの歌には夜がよく似合う。深夜の静寂に響く音楽のようなシャーマニズム、そしてパンクスピリッツは、あのアレルギーが本当に復活したのだと実感しました。
このアルバムは当時のアレルギーを知る世代と、まるで知らない世代の両方のファンを満足させると思います。
懐かしく、そして新しい! アレルギー!

JOJO広重(非常階段)

拒否したいからパンクロック。
そう、あらがうから生きている記憶の中でもがくより、新しい過去を刻むんだ。 アレルギー再結成おめでとう。

PANTA(頭脳警察)


■アレルギー新作『蘇生-Anabiosis-』SPOT映像


アレルギー『蘇生-Anabiosis LIVE DVD-』


2015年2月18日発売!!
撮影・監督:諸沢利彦

■アレルギー『蘇生-Anabiosis LIVE DVD-』SPOT映像


アレルギー 2014 SPOT映像


{新訳}アレルギー ライブレポート

PUNK ROCK ISSUE『Bollocks』2月号 No.006 に、
2012年11月11日@高円寺HIGH {新訳}アレルギー×OXYDOLL のライヴレポートが掲載されています(P.94)

BollocksPUNK ROCK ISSUE『Bollocks』


テイチクエンタテインメント アレルギーページ

NoMEⅡ

ElDorado

蘇生~Anabiosis~

GOODS INFO



ライブ会場およびONLINE STOREにて発売中!
Copyright © 2019 宙也Official Website